バイク査定下へダウン

人気記事ランキング

ホーム > 葉酸サプリ > 葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は日本の行政機関である厚生労働省も妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿、汗と共に体外に排出され、体内に蓄積するということはありません。

 

とはいえ、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

 

葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。

 

葉酸サプリを飲む場合には、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。

 

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

 

葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが増加するという報告があるのです。

 

受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。

 

このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。

 

葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。

 

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

 

葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

 

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

 

男性不妊用の人気サプリは?